ダイエット中の食事の管理方法

リバウンドに注意

ダイエット中の食事は、カロリーや食事制限だけに集中していると、身体の防衛本能が働き、少ないエネルギー摂取でも適応できるようなり、ダイエット後に普段の食事に戻すと、身体が過度の摂取と判断しリバウンドする事があります。

食事前に水を飲む事

食事の管理方法はいくつかありますが、まず1つに食事前に水を飲む事をお勧めします。よく朝起きてすぐにコップ1杯の水を飲むと便秘が改善されると聞きますが、食事前に水を飲む事により、空腹感が満たされ食事の量を抑えられます。

水を飲むメリット

血液もさらさらになります。水は、常温のミネラルウォーターがお勧めで私は食事前に500ml飲んでいました。

食事の時間について

特に夕食の時間が大事

食事時間ですが、特に夕食の時間が大事になります。夜になると体内のタンパク質のBMAL1が脂肪を蓄積する活動はじめ、食事時間が遅くなると摂取したものが、脂肪になりやすいと言われています

理想的な夕食時間は6~7時

食事をしてから身体で消化吸収されるまで最低2時間かかり、理想的な夕食時間は6~7時と言われています。お仕事などで、無理なら食後2時間は寝ないようにするだけでも効果は違います。

ダイエット中の食事管理方法を守りながらダイエットし、最終的に私は3ヶ月で5キロの体重減少ができました、個人差はあると思いますが簡単な事なので一度挑戦してみて下さい。

このページの先頭へ